フランス 世界 大麻 ヘンプ 動画

世界 大麻 ヘンプ 動画

ヨーロッパでは、大麻の陶酔成分が0.2%以下ならば栽培可能とし、少量の大麻所持は非犯罪化、又は一部非刑罰化されている。自己の行為の責任をその人自身に帰する考え方が強いため、大麻に対する良い点と悪い点を嘘偽りなく公表し、その上での使用は個人の判断に任せている。

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

フランス大麻ニュース



フランスの大麻ニュース。栽培模様が撮影されています。
スポンサーサイト

| フランス | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大麻畑 イン フランス



車が走る道からすぐに大きな大麻畑が、まるで田んぼの稲のようにある、国。フランスです。


 ヨーロッパの中でもオランダやスペインは、大麻のようなソフトドラッグの摂取は認められている。ドイツのように、少量の摂取は違法ではないが、保持、栽培、売買は禁止されている国も少なくない。

 マリファナ摂取は、どの国でも年々延びていて、違法にしていたままでは、闇のマーケットに潜りこみ、組織犯罪が蔓延する危険がある。それよりも、合法化して、管理ができるシステムにしておこうという考え方だ。

 そのような風潮のなか、フランスは、日本と同じように摂取、保持、売買、栽培すべて禁止されている。ヨーロッパ内では、大麻に厳しい法律の国である。

 しかし、フランス人で大麻を吸った事があるのは、1240万人にのぼり、120万人が常用しているとの調査がある。高校生の3分の1は、マリファナ経験ありだ。

 フランス人の間では、ソフトドラックの摂取は、コカインやヘロインのようなハードドラッグとは一線を引いて、広く黙認されている。とくに14歳から18 歳という若い世代の摂取が多い。高校の中庭や校門付近で白昼から堂々と吸っている生徒達も見かけるくらいだ。大麻は常習性がないとのことで、親も公認している場合も少なくない。勉強のストレスが多い学生が、リラックス効果があるマリファナを少し吸うくらいなら仕方ないだろう、という親が結構いるのだ。

 ヨーロッパの中で、若者のマリファナ摂取率は、皮肉なことに、摂取が禁止されているフランスが一番高い。親子で吸っている場合もある。68年の五月革命で自由を謳歌してきた親世代が、禁止することで子供に興味をもたせるよりも、自分達の目の届く範囲で、危険なく摂取して欲しいと思っているからだ。

 多くのフランス人が知人経由で大麻を購入しているが、質の問題や逮捕のリスクを少なくするため、自分で栽培を始めるケースが増えている。ネットで、大麻の育て方も簡単に調べられる。室内で大きなプラスチックの平型プランターに大麻の種を水栽培して、高圧ナトリウムランプで照らし続ければ、大麻を短い時間で育てられる。洋服ダンスの中で育てている人が多いので、「棚栽培」と言われる。

 違法ならば、しっかり取り締まるべきという少数派の意見と、他のヨーロッパ諸国のように、ここまで摂取が多いのであれば、煙草のように合法化して政府の管轄下におくべきだとの意見がここ10年来、議会で議論されているが、保守的なフランスでは、マリファナ合法化の道は険しそうだ。緑党のノエル・マメール氏も大麻合法化の案をだし、世論にたたかれた。このパラドックスをどう処理していくかが大きな課題になっている。

引用:MediaSabor
http://mediasabor.jp/2007/10/20_1.html

| フランス | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

世界 大麻 ヘンプ 動画トップ > フランス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。