スイス 世界 大麻 ヘンプ 動画

世界 大麻 ヘンプ 動画

ヨーロッパでは、大麻の陶酔成分が0.2%以下ならば栽培可能とし、少量の大麻所持は非犯罪化、又は一部非刑罰化されている。自己の行為の責任をその人自身に帰する考え方が強いため、大麻に対する良い点と悪い点を嘘偽りなく公表し、その上での使用は個人の判断に任せている。

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

スイス 大麻研究 



パブリック・ヘルス。ジャーナル1月号に掲載された 研究 によると、アルコールによって怪我のリスクが増えることは明らかだが、カナビスの使用では精神運動能力などが損なわれるものの、怪我のリスクは逆に減ることが分かった。

この研究を行ったのはスイス・ローザンヌ大学病院の救急医療部門(ED)の研究チームで、多様な原因で怪我をして各種部門で治療を受けた人の中から無作為で486人(男性332人、女性154人)を選んで、怪我の6時間前までにアルコールまたはカナビスを使っていなかったかを調べた。

その結果、「アルコールが怪我のリスク要因であることについては一貫性のあるエビデンスが十分に得られたが、カナビスの使用については得られたエビデンスが対立している。確かに実験室での調査では、精神運動などの関連能力には摂取量に応じて悪い影響が出るものの、疫学調査においては、カナビス使用が怪我に対する防護効果を持っていることも分かった」 と報告している。

アルコールを飲んだ人が、その飲酒量に応じて怪我しやすくなるのはそれほど驚くべきことではないが、カナビスの使用については、怪我のリスク増大に結びついていないばかりか、ドラッグを使っていない素面の人よりも怪我が少ないことも示されている。さらに驚くべきことに、カナビスの防護効果と摂取量には正の相関関係があることも見出されている。

研究者たちは、「今回の研究で最も驚かされた結果は、カナビスの使用と怪我の間には逆の関係が見出されたことで、その理由と隠されたメカニズムについては、カナビスの使用がより安全な環境を選択させ、危険を回避しようとさせるからではないかと考えられる」 と結論を書いている。

今回の研究では、カナビスを使っていて怪我をしたという人のサンプル数が男性14人しかいなかったという問題も残されているが、同様の結果は、2006年1月に発表されたさらに大規模な ミズリー州立大学の対照研究 でも示されている。

これまでカナビスは人を怠惰にさせで周囲に注意を払わなくなるとさんざん言われてきたが、今回の研究で、実際にはより注意深く慎重に行動することが明らかにされた。

カナビス・カルチャー・マガジン のマーク・エメリー氏は、「ビッグ・ニュースです。われわれは、カナビス・ユーザーが社会の生産力のある一員として責任をもって行動していると繰り返し主張してきましたが、今回の研究はそれを裏付けたものです。カナビスの使用が、実際には、人をより注意深くさせ、その結果、事故や救急病院の世話になることも少なくなることが示されたわけです」 と語っている。

参照:.cannabis-studyhouse.com
スポンサーサイト

| スイス | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

世界 大麻 ヘンプ 動画トップ > スイス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。