アメリカ 世界 大麻 ヘンプ 動画

世界 大麻 ヘンプ 動画

ヨーロッパでは、大麻の陶酔成分が0.2%以下ならば栽培可能とし、少量の大麻所持は非犯罪化、又は一部非刑罰化されている。自己の行為の責任をその人自身に帰する考え方が強いため、大麻に対する良い点と悪い点を嘘偽りなく公表し、その上での使用は個人の判断に任せている。

| PAGE-SELECT | 次の5件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

現実のアメリカと未来の日本!? 大麻



カリフォルニア州オークランド市の医療大麻薬局の紹介PV同州は1996年から医療用途の大麻を州法でがん・HIV・難病などで合法化しておりその後、適応範囲が大麻で何らかの改善がある疾患全てに広がりました(約200種)


いい顔してますね

スポンサーサイト

| アメリカ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

米国民の52%が大麻合法化に賛成【最新調査】



アメリカは大麻を責任がある大人な使用のために課税、調整するべきだ!

その理由を述べています。

A look at some of the reasons why the United States should consider taxing and regulating marijuana for responsible adult use.

2009年5月6日は歴史的な日となった。ゾグビーの最新の全国世論調査 で、カナビスを合法化して課税・規制管理することに賛成する人が52%となり初めて過半数を越えた。また反対は37%、分からないが11%だった。

この調査は4月の末に実施されたもので、この問題に関してはこれまでのどの世論調査よりも規模が大きく、4000人から回答を得ている。エラー・マージンは±1.6%となっている。

最近の各種調査の傾向とも合わせ考えると、今回の結果は、カナビスを合法化して規制・管理することの利点についての認識が、急速にアメリカ人の中に広がってきていることを明確に示している。

どのようなグループがどれだけ支持した結果として過半数に達したかを見ると、カナビス合法化支持者のプロファイルが浮かび上がってくる。今回の調査では次のようになっている。
>>さらに詳しく

| アメリカ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

なぜ 医療大麻合法化にするべきなのか??@アリゾナ



アリゾナの家族が なぜ医療大麻合法化すべきなのかをニュースで説明している模様です。

| アメリカ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

医療大麻 販売店 イン アメリカニュース



メディカル マリファナ by KXLY ABC 4

| アメリカ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カリフォルニア州 大麻市販化!?



税収不足から深刻な財政難にあえぐ米カリフォルニア州で25日までに、乾燥大麻(マリフアナ)の一般向け販売を解禁し、28グラム当たり50ドル(約4500円)の売上税を課す議員立法が議会に提案された。

同州内の医療目的の大麻生産額は年間140億ドル(約1兆2600億円)に上ると指摘、「一般向けに解禁すれば年10億ドルの税収をもたらし、闇取引もなくなる」と持論を展開した。

「マリファナ青春旅行」麻枝光一の大麻的生活
http://taimadobrog.livedoor.biz/

アメリカ大麻事情

連邦法、州法、市法に細かく分類され、それら法律の運用は複雑であるが、連邦法では少量であっても違法となるものの州単位では実験栽培を開始している。連邦法である規制物質法の基では、大麻はスケジュールIに分類され厳しく管理されている。一方、マリノールは規制物質法の基スケジュールIIIに分類され、医師による処方が許容されている。

医療用大麻においてはアラスカ,カリフォルニア,コロラド,ハワイ,メイン,メリーランド,ミシガン,モンタナ,ネバダ,ニューメキシコ,オレゴン,ロードアイランド,バーモント,ワシントンの14州で州法により認可されている。

 また、医療用以外の大麻の少量所持はアラスカ,カリフォルニア,コロラド,メイン,ミネソタ,ミシシッピ,ネブラスカ,ネバダ,ニューヨーク,ノースカロライナ,オハイオ,オレゴン,マサチューセッツの13州で州法により非犯罪化されており、犯罪として処罰されない。


 コロラド州デンバー市は、2005年11月に民事罰、刑事罰を全市的に撤廃する発議を賛成 54%で可決し、全米に先駆け21歳以上の成人による1オンス(約28グラム)以下の所持について実質的に合法化した最初の市となった。州法では違法なので、所持したままデンバー市から出た場合は処罰対象になる。ミシガン州ワシュトナウ郡チェルシー村では個人の摂取は黙認、他人に売った場合は処罰対象である。


カリフォルニア州をはじめとして、医療用大麻が認可されている州には、医療用大麻を必要とする患者のためのマリファナ・クラブという物があり、医療用に大麻を販売している。なかには医療用大麻の自動販売機が存在し、指紋を事前登録することによって、購入可能となっている。しかし州法によって合法的に医療用大麻を販売・所持していても連邦法では違法であるため、連邦捜査機関のDEAやFBIによって逮捕されるといった問題があり、度々、連邦最高裁が医療用大麻に違法判決を下し、取り締まりを後押しする形となっていたが、2009年2月に医療大麻に対する取り締まりが終結された。

カリフォルニア州オークランドはアメリカ版アムステルダムと知られ、「オークステルダム」と称されている。そのオークランドでは医療大麻産業が盛んであり、合法的に大麻の栽培方法を教える専門学校「オークステルダム大学」が存在する。

| アメリカ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去のページ

世界 大麻 ヘンプ 動画トップ > アメリカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。